国内

東京福祉大、留学生700人不明 - 除籍が急増、文科省が調査

 文部科学省 拡大

 留学生の在籍数が多い東京福祉大(東京)で、所在不明となっている留学生が昨年4月から約700人に上っていることが15日、同大学への取材で分かった。所在不明により除籍となる留学生が急増しており、報告を受けた文部科学省が実態調査に乗り出している。

 独立行政法人の日本学生支援機構によると、留学生在籍数は全国で2番目に多い。

 大学によると、所在が不明になっているのは昨年4月、学部に入るため準備課程の「研究生」として入学した約2600人のうちの約700人。多くが王子キャンパス(東京)の学部生で、大学が既に除籍したという。

 昨年5月現在、留学生約5千人が在籍。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

阪神タイガース公式イヤーブック

プレゼント写真
提供元:阪神コンテンツリンク
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報