カルチャー

透析医学会が福生病院を調査 - 女性死亡の経緯を検証

 調査のため公立福生病院に入る日本透析医学会の調査委メンバー(右)=15日午後0時45分、東京都福生市 拡大

 腎臓病の女性=当時(44)=が人工透析を取りやめて死亡した問題で、日本透析医学会の調査委員会(委員長・土谷健東京女子医大教授)は15日、女性がかかっていた東京都福生市の公立福生病院に立ち入り調査した。透析中止を巡る病院の手続きが、2014年に公表した学会提言に照らして妥当だったかなどを検証する。

 調査委メンバーは、土谷委員長ら医師の委員7人と、国会議員や弁護士など13人の外部委員。現場に待機する報道陣の取材には対応しなかった。

 「患者の意思を確認した方法」「家族を含めた話し合いがどのように行われたか」などが学会調査の焦点となる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

阪神タイガース公式イヤーブック

プレゼント写真
提供元:阪神コンテンツリンク
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報