主要

伊方3号機の運転認める - 山口地裁岩国支部、仮処分

 四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町 拡大
 「不当決定」などのメッセージを掲げる住民側関係者=15日午前、山口地裁岩国支部前 拡大

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を禁止するよう、50キロ圏内に住む山口県東部の三つの島の住民3人が求めた仮処分で、山口地裁岩国支部(小野瀬昭裁判長)は15日、申し立てを却下する決定を出した。

 主な争点は、伊方3号機から約130キロ離れた熊本県・阿蘇カルデラの火山リスクや、耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)に関する原子力規制委員会や四国電の規定や評価が妥当かどうか。

 決定で小野瀬裁判長は「原発の運用期間中に巨大噴火が起きる可能性は小さい」と判断。噴火の規模の予測は難しく、過去の事例を踏まえた四国電の火山対策は過小とは言えないとした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

松本梨香ライブの招待券

松本梨香
提供元:学園前ホール
当選者数:3組6人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報