カルチャー

「仮設の歌姫」岩手で熱唱 - 被災地ライブ千回達成

 仮設住宅の集会所でライブを開いた奥野ひかるさん(右端)=4日午後、岩手県大船渡市 拡大

 熊本地震や西日本豪雨などの被災地で慰問ライブを続け「仮設の歌姫」として知られる大阪府在住の歌手奥野ひかるさんが4日、岩手県大船渡市の仮設住宅にある集会所を訪れ、ロックやバラードなど7曲を熱唱した。2012年に同市で被災地ライブを開始して以来、通算千回を達成した。

 この日は、大船渡市の住民ら約30人が集まった。娘を失った岩手県陸前高田市の女性の話を基に自身が作詞した曲を歌うと、涙を拭う人も。

 大船渡市では3月中に被災者全員が仮設住宅を退去することが決まっており、同市の仮設住宅で行われる最後のライブとなった。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介