スポーツ

四大陸Vの紀平「今はうれしい」 - フィギュア、宇野選手と凱旋

 米国から帰国し、メダルを掲げ取材に応じる紀平梨花(左)、宇野昌磨の両選手=12日午後、成田空港 拡大

 フィギュアスケートの四大陸選手権で初優勝した女子の紀平梨花選手(16)=関大KFSC=と男子の宇野昌磨選手(21)=トヨタ自動車=が12日、米国から成田空港に凱旋した。紀平選手は今季の国際大会で5連勝となり「すごい今はうれしい」と柔らかな笑みを浮かべ、宇野選手は「優勝できたことはうれしく思う」を喜びを語った。

 紀平選手は今月下旬のチャレンジ・カップ(ハーグ=オランダ)を経て3月の世界選手権(さいたま)に照準を合わせる。今回は左手薬指の亜脱臼で演技の難度を落としたが、「トリプルアクセルは、フリーは2本でいきたい」と本来の構成で臨む意向を示した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介