スポーツ

スポーツ界に衝撃とエール - 池江選手告白で

 インタビューに答えるスポーツ庁の鈴木大地長官=4日撮影 拡大

 2020年東京五輪の主役と期待された池江璃花子(ルネサンス)の白血病告白に、スポーツ界にも衝撃が広がった。水泳界の先輩でもあるスポーツ庁の鈴木大地長官は「言葉を失った」と沈痛な面持ち。「まず彼女がしっかり治療して健康になっていただくのが一番」と気遣った。

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は「まずはしっかり休養を取り、治療に専念していただきたい。持ち前の精神力で、一日でも早く元気な姿を見せてくれることを願っている」と復活を祈った。

 自身も病と向き合う東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は「しっかり治療すればいい」とエールを送った。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介