スポーツ

柔道の高藤「勝って当たり前」 - GSパリ大会から帰国

 グランドスラム大会から帰国し、取材に応じる柔道男子の高藤直寿=12日、羽田空港 拡大
 グランドスラム大会から帰国し、取材に応じる柔道男子の橋本壮市=12日、羽田空港 拡大

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会に出場した日本代表が12日、羽田空港に帰国し、世界選手権2連覇中で男子60キロ級を制した高藤直寿(パーク24)は「勝って当たり前。そのために準備をしっかりしてきた」と強気に言い放った。

 昨年11月のGS大阪大会で初戦敗退しただけに「評価を取り戻せた」。世界選手権東京大会(8~9月)代表最終選考会を兼ねる全日本選抜体重別選手権(4月・福岡)に向け「しっかり優勝して他の選手を黙らせる」と自信たっぷりだった。

 男子73キロ級で元世界王者の橋本壮市(パーク24)は右目の視力が急落した影響が懸念されたが、見事に優勝した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介