スポーツ

フェンシングW杯初Vの加納帰国 - 「まさか優勝とは」

 帰国し、取材に応じるフェンシングW杯男子エペで初優勝した加納虹輝=12日、成田空港 拡大

 バンクーバーで行われたフェンシングのワールドカップ(W杯)男子エペで初優勝した21歳の加納虹輝(早大)が12日、成田空港に帰国し「まさか優勝できるとは思っていなかった。最後まで集中できたのが勝因」と、来年の東京五輪へ弾みがつく好結果を喜んだ。

 日本勢がこの種目のW杯を制したのはリオデジャネイロ五輪6位の見延和靖(ネクサス)に次いで2人目。昨年11月に痛めた左脚が完治し、今年1月にドイツで行われたW杯では3位。「自信になった。勝ち方が分かった」と勢いに乗り、初優勝につなげた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介