国内

賞味期限迫ると値引きを通知 - 経産省、電子タグで実験

 経済産業省は12日、電子タグを使って商品の消費期限や賞味期限を管理し、期限が迫ると消費者のスマートフォンなどに値引きやポイント還元を通知する実証実験を、東京都内のドラッグストアやコンビニで始めた。28日まで。小売り現場の人手不足解消につなげ、食品ロスも削減する狙いがある。

 ドラッグストア「ココカラファイン清澄白河店」では牛乳やヨーグルトを対象に実験を始めた。商品棚のリーダーが自動的にタグを読み取り、無料通信アプリのLINE(ライン)に期限の約1週間前の商品名と期限が通知される。購入するとポイント還元が受けられる仕組み。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「名刀は語る」展の招待券

重要美術品「脇指 銘 相模国住人廣光/康安二年十月日(号 火車切)」上杉家伝来 康安2(1362)年 佐野美術館蔵
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報