国際

中国の景気減速、春節に打撃 - 消費の伸び、初の10%割れ

 【北京共同】中国商務省は12日までに、春節(旧正月)連休期間中(2月4~10日)の小売業と外食産業の売上高が前年同期比8・5%増の1兆50億元(約16兆4千億円)だったと発表した。シンクタンクの野村国際によると、統計の公表を始めた2005年以来、初めて1桁台の伸びにとどまった。

 18年の伸び率は10・2%だった。米国との貿易摩擦長期化などを背景とした景気減速の影響で、中国の消費の伸びが鈍化していることが改めて裏付けられた。

 また文化観光省によると、春節期間中の国内観光収入は8・2%増の5139億元だった。伸び率は前年同期より4・4ポイント減速した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介