スポーツ

中日の松坂投手は右肩炎症 - ファンと接触、腕引かれ

 球場から引き揚げる中日・松坂=北谷 拡大
 中日の松坂大輔投手 拡大

 中日は12日、右肩に違和感を訴えていた松坂大輔投手が沖縄県内の病院で検査を受け、炎症が見つかったため「しばらくはノースロー調整を続ける」と発表した。球団によると、松坂は同県北谷町で行われているキャンプで、数日前にファンと接触した際に右腕を引かれ、その後に違和感が出たという。

 松坂は12日午前の練習には参加せずに検査を受け、午後は球場のウエートトレーニング室に入った。取材対応はなかった。

 松坂から報告を受けた与田監督は「本人が一番苦しいと思う。今回のことに関しては、誰を責めるということではない」と話した。これからは様子を見ながらの調整になる。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

京都のサンドイッチ紹介する漫画エッセー

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報