国内

消防施設取り壊し始まる、宮城 - 閖上、大震災津波伝える姿消す

 取り壊される旧名取市消防署閖上出張所=12日午前、宮城県名取市 拡大

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県名取市閖上地区で、流されず残っていた旧名取市消防署閖上出張所の取り壊しが12日、始まった。笹かまぼこで知られる水産加工会社「佐々直」の工場も昨年11月に解体され、地区で津波被害を伝える建物はほぼ姿を消す。

 市は1月から解体準備を進めており、12日から重機による本格的解体に着手。4月には約500メートル内陸の造成された土地に再建される新しい出張所で、業務を再開する予定としている。

 旧出張所は鉄筋コンクリート製2階建て。1995年に建てられ、被災するまで地区の安全に貢献してきた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

京都のサンドイッチ紹介する漫画エッセー

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報