スポーツ

関学大アメフット監督が退任へ - 鳥内氏、甲子園ボウル11度制覇

 鳥内秀晃監督 拡大

 アメリカンフットボールで昨年、大学日本一に輝いた関学大の鳥内秀晃監督(60)が11日、就任28年目の2019年シーズン限りでの退任を表明した。「代替わりしないと。(次の)体制がやっとできてきている」と理由を述べた。後任は未定。大阪市内で開かれた甲子園ボウル優勝祝賀会で選手に初めて報告した。

 関学大監督だった父昭人氏(故人)の影響で関学大で競技を始め、母校のコーチを経て1992年に監督に昇格。甲子園ボウルで11度優勝、2002年1月の日本選手権「ライスボウル」では社会人を破って日本一に導いた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

鳥取の考古学展「白兎のクニへ」の招待券

二口かまど 高住牛輪谷遺跡 古墳時代後期
提供元:大阪府立弥生文化博物館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介