国際

インドネシア被災地でセミナー - 東北の復興経験共有

 セミナーで講演する岩手県釜石市オープンシティ推進室の石井重成室長(左)=11日、インドネシア中スラウェシ州パル(共同) 拡大

 【パル共同】昨年9月のインドネシア・スラウェシ島中部の地震と津波の最大被災地パルで11日、東日本大震災からの復興経験を共有するために、国際協力機構(JICA)による現地行政官向けセミナーが開かれた。岩手県釜石市と宮城県東松島市の職員が復興計画策定の際には、住民が納得するまで対話を重ね、丁寧に進めていくことが重要だと訴えた。

 スラウェシ島では地震と津波に加え大規模に発生した液状化で被害が拡大し、中スラウェシ州政府によると、死者・行方不明者は計4400人以上。JICAによると「世界でも類を見ない災害」となり、日本は復興計画推進に協力している。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

谷川俊太郎の絵本「へいわとせんそう」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報