カルチャー

奈良の小山田古墳、飛鳥期で最大 - 南辺80m超、墳丘裾を確認

 奈良県明日香村の小山田古墳 拡大

 舒明天皇や大豪族・蘇我蝦夷の墓説がある小山田古墳(奈良県明日香村、7世紀中ごろ)で、墳丘西辺の裾部分や盛り土が見つかり、県立橿原考古学研究所が31日、発表した。南辺が80mを超える可能性があり、飛鳥時代最大の方墳であることが確実になったという。

 研究所によると、小山田古墳ではこれまでの調査で、1辺70m程度とされていた。今回の調査で、古墳の北西角から約60m南側の地点で西辺の墳丘盛り土を確認。墳丘端の石積みまで含めると東西幅が約80mに及ぶことが判明した。方墳は正方形ではなく、72mの北辺に比べ、正確な長さが確認されていない南辺は80m超の可能性がある。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介