カルチャー

子連れ出勤の支援を拡充 - 宮腰担当相、ネット批判も

 宮腰光寛少子化対策担当相は18日、子育て世帯の支援策として、子連れ出勤などの取り組みを推進する方針を打ち出した。積極的な施策を実施する自治体向けの交付金も2019年度から拡充する。

 ただ、ネット上では「仕事をしながら子ども(の面倒)は見られない」といった批判も多く、両立支援の在り方を巡って議論を呼びそうだ。

 内閣府によると、都道府県や市町村が実施する先進事例を対象とした「地域少子化対策重点推進交付金」を拡充。国の補助率を2分の1から3分の2に引き上げる。さまざまな業種の人が共用で使う仕事場「コワーキングスペース」の子連れ利用も普及させる考えだ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介