国内

日本G20、協調復活に始動へ - 貿易摩擦緩和で成長持続

 新興国を含む20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の代理会議が17、18日に東京都内であり、日本が議長国を務める今年のG20が始動する。議論は6月の首脳会合(大阪サミット)がヤマ場。世界経済の動揺を招いた米中貿易摩擦を和らげ、持続的な成長のための協調姿勢を取り戻せるかが焦点になる。

 日本は途上国融資の規模などの透明化を提案し、中国を念頭に過剰な貸し出しをけん制する方針。また巨大IT企業への課税方法など、技術革新への対応を主導したい意向だ。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報