スポーツ

五輪テニス会場、完成遅れ - 業者破綻、都「大会に支障ない」

 有明テニスの森公園=2015年6月、東京都江東区 拡大

 2020年東京五輪・パラリンピックのテニスと車いすテニスの競技会場で、東京都が改修工事をしている「有明テニスの森公園」(江東区)について、競技会場全体の完成が当初予定していた今年7月末から来年3月にずれ込むことが12日までに分かった。施工業者の経営破綻の影響を受けたもので、都は「大会開催に支障が出ないようにする」としている。

 都は屋外テニスコート17面や照明設備の改修工事を実施していたが、もともと受注していた建設会社エム・テック(さいたま市)が経営破綻し、昨年10月から工事が中断。今月11日、新たな業者と契約したが、当初の完成予定には間に合わないという。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

斉白石展の招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報