国際

世界銀行総裁候補、イバンカ氏も - トランプ政権の意向反映か

 イバンカ米大統領補佐官(ゲッティ=共同) 拡大

 【ワシントン共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は11日、世界銀行の次期総裁候補として、米国のマルパス財務次官やヘイリー前国連大使に加え、トランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官の名前も挙がっていると報じた。トランプ政権の意向を色濃く反映する可能性がある。

 世銀は7日、キム総裁が任期途中の2月1日付で辞任すると発表。後任探しに着手したという。総裁は代々、米国から出す慣例があるが、今回を機に途上国からの候補を擁立する動きもあるという。

 世銀は途上国の発展と貧困削減を支援する国際開発金融機関。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報