国際

メキシコ各地、燃料不足で混乱 - 政府の盗難対策

 メキシコ市郊外のガソリンスタンドでスクーターに給油する従業員=11日(ロイター=共同) 拡大

 【サンディエゴ共同】メキシコで犯罪組織によるパイプラインなどからのガソリン盗難が深刻化していることを受け、ロペスオブラドール政権が今年に入って複数のパイプラインの稼働を停止するなど対策を本格化したところ供給不足が発生。首都メキシコ市など各地のガソリンスタンドで長蛇の列ができるなど混乱が起きている。

 ロペスオブラドール大統領は11日の記者会見で「こうした事態は長くは続かない」と強調し、理解を訴えた。一方で軍に対し複数のヘリコプターを投入し、約4千人態勢でパイプラインや燃料タンクを監視するよう命じたと明らかにした。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報