国内

非開示報酬、他に10億円 - 統括会社からゴーン前会長

 会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が昨年、日産と三菱自動車がオランダに設立した統括会社「日産・三菱B・V」から約10億円の報酬を受け取っていたことが11日、関係者への取材で分かった。統括会社は日産と三菱自の連結対象ではなく、この報酬は開示されていない。

 関係者によると、統括会社は2017年6月に設立された。ゴーン被告は業務が始まった18年4月から、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された同11月までの間に、約10億円の報酬を受け取っていた。統括会社が支出した経費の約9割に当たる金額という。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

斉白石展の招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報