国際

米消費者物価0・1%下落 - 12月、9カ月ぶりマイナス

 【ワシントン共同】米労働省が11日発表した2018年12月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月と比べ0・1%下落した。18年3月以来、9カ月ぶりの低下。原油先物相場の下落で、ガソリンなどが値下がりしたのが影響した。前年同月比(季節調整前)では1・9%上昇した。

 前月比の品目別では、食品価格が0・4%上昇、エネルギー価格は3・5%下がった。

 月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は0・2%上昇。前年同月比では2・2%上昇した。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

お酒に合う一口揚げあられ

プレゼント写真
提供元:亀田製菓
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報