万葉車窓

吉野口駅-北宇智駅(JR和歌山線) - 紀伊へと続く細長い谷

 

 『 わが背子を こち巨勢山と 人はいへど 君も来まさず 山の名にあらし 』

 待っていたのにあなたは来なかった―。巨勢(こせ)と「来せ」を重ねた、しゃれた歌といわれる。この巨勢山は、現在の御所市古瀬(こせ)のあたりの山で、特定の山ではないともいわれている。

 古瀬の地は大和盆地が尽きる細長い谷間のような地形で、万葉のころは、飛鳥や奈良から紀伊への通り道となっていた、という。現在、ここをJR和歌山線が走っている。

 JR王寺駅と和歌山方面を結ぶこの路線は、近鉄との連絡駅でもある吉野口駅を和歌山方面に向けて出発すると、曽我川上流の重阪(へさか)川に沿って谷間を走り、やがて視界が開けると宇智野とよばれたあたりを通る。関西唯一のスイッチバックの駅として知られる北宇智駅に、そして五條方面へと進んでいく。

 写真は、吉野口駅から南へ少し行ったところ。古瀬の町並みから同市奉膳(ぶんぜ)の水田へ出たあたりで撮影した。県道を挟んでJRと近鉄線が並び、近鉄薬水駅はすぐ近く。御所市と大淀町の境界線近くでもある。谷間の水田には稲の青い葉が風にゆれるなか、和歌山線の電車が走り去った。細い谷は今も昔も人々の通り道となっている。

 『 ただに来ず 此(こ)ゆ巨瀬道(ぢ)から 石橋(いははし)踏み なづみそわが来(こ)し 恋ひてすべ無み 』

●参考図書=米田勝著「万葉を行く」(奈良新聞社刊)、和田嘉寿男著「大和の万葉歌」(奈良新聞出版センター刊)

 

写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「オブジェクト・ポートレイト Object Portraits by Eric Zetterquist」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪市立東洋陶磁美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド