万葉車窓

笠置-大河原(JR関西本線) - 青く流れる「川面の残照」

 

 『 泉川 渡瀬(わたりせ)ふかみ 吾背子が 旅ゆき衣 ひづちなむかも 』

 行商に出かける夫婦の歌ともいわれ「渡瀬が深いから、あなたの旅の服がぬれてしまうではないか」との意味を持つ。

 万葉の時代には泉川と呼ばれた木津川。三重県伊賀市(旧青山町)の布引山地(標高756メートル)や御杖村の三峰山(1235メートル)を水源地とし、京都府内で淀川と合流するまで、三重、奈良、京都の三府県にまたがり流れている。

 泉川は当時、橋もない交通の難所。川が暴れると時には大きな災害をもたらしてきた。現在では、川に沿って自然歩道が設けられたり、川ではカヌー教室が開かれたりしている。奈良市に隣接する笠置町には、東海自然歩道として奈良市柳生地区から笠置町の笠置寺へ、笠置大橋から南山城村方面へ木津川沿いのコースなどがある。

 この写真は笠置トンネル東側の川沿いで撮影した。対岸はJR関西線に沿って東海自然歩道「銀の帯コース」がある。シーズンにはハイキング客らでにぎわうのだろうが、師走の午後には人通りがなく、落ち葉を前に赤く染まった山が輪郭だけを残して夕闇に包まれ、川面が残照に照らされた。

 

写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ