このページでは、Javascriptを使用しています

桜井市

『花咲かば堂塔埋れ  つくすべし花の寺  末寺一念三千寺』 <虚子>
全国に三千有余の末寺を有し、西国三三礼状の第八番礼所である真言宗宝山派総本山長谷寺は、江戸時代から「ぼたんの寺」として広くその名を知られ、いま四季おりおりの花が楽しめる「花のみ寺」として親しまれている。古来、長谷寺の門前町として栄えてきた「初瀬のまち」は、初瀬川の右岸にあり、料理旅館、ホテル、土産物店などが軒をつらね、いま、一条の湯けむりが立ちのぼっている。

※情報が更新されている場合がありますので、ご利用の際は事前に各所へお問合せください。


湯元井谷屋

湯元井谷屋
●場 所 桜井市大字初瀬828
●電 話 0744-47-7012
●営業時間 6時30分~21時
●休業日 不定休
●入湯料 大人¥600 子ども¥400
●泉質・泉温 ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉 30度
●効 能 リウマチ性疾患、神経症、運動器障害、病後回復期・疲労回復ほか
●駐車場 25台
●その他 【宿泊】1泊:¥13,000~
【お土産】吉野くず、草もち、牡丹土鈴、三輪そうめん、山菜佃煮など
●アクセス 【電車】
近鉄長谷寺駅下車、徒歩10分
【車】
西名阪天理ICよりR169、R165利用



『大和の温泉』TOPへ戻る

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ