このページでは、Javascriptを使用しています
共同通信PRワイヤー
月桂冠株式会社 05/18 12:00

全国新酒鑑評会で4蔵全てが「金賞」受賞、月桂冠「内蔵」「昭和蔵」「大手一号蔵」「大手二号蔵」

2017年5月18日

月桂冠株式会社

全国新酒鑑評会で4蔵全てが「金賞」受賞
月桂冠「内蔵」「昭和蔵」「大手一号蔵」「大手二号蔵」

月桂冠株式会社(社長:大倉治彦、本社:京都府京都市)は、平成28酒造年度の全国新酒鑑評会に、「内蔵」「昭和蔵」「大手一号蔵」「大手二号蔵」、4蔵の新酒を出品したところ、その全てが「金賞」を受賞しました。同鑑評会の金賞は、入賞酒の中でも特に優秀と認められたものに授与されるものです。今年は全国から860点が出品され、そのうち金賞は242点が受賞しています。
当社が創業380年、会社設立90周年を迎えた記念すべき本年、出品した4蔵全てが「金賞」を受賞することができました。

全国新酒鑑評会は、全国規模で新酒の出来栄えを、最高の技で競い合う唯一のコンテストです。1911年(明治44 年)に第1 回が開催されて以来の歴史があり、今日まで続いています。全国の酒造家が、鑑評会を最高峰の目標として、技術の粋を結集して挑戦し、金賞の受賞を目指します。現在、独立行政法人酒類総合研究所(旧・国税庁醸造研究所)と日本酒造組合中央会が共催し、毎年「日本酒フェア」として、一般公開で金賞酒・入賞酒のきき酒会が実施されています。酒愛好家、飲食・販売業者からの注目度も高いものとなっています。

月桂冠は、1911年(明治44年)開催の第1回鑑評会の第1位になり、その後も優秀な成績をおさめ、1929年(昭和4年)には1位から3位まで独占しました(現在、順位は公開されていません)。ほかにも出品した数々の品評会で上位に入賞し、品質第一を旨とする月桂冠の酒銘が全国に知られていきました。
第二次世界大戦後、月桂冠では全国新酒鑑評会への出品を長らく控えていましたが、昭和55酒造年度から再開、その年に「金賞」を受賞することができました。以来、月桂冠の各蔵から出品を継続し、金賞の延べ受賞数では群を抜いています。特に、平成3酒造年度と平成4酒造年度、平成8酒造年度など、出品した7蔵(大手一号蔵、大手二号蔵、昭和蔵、北一号蔵、北二号蔵、内蔵、灘蔵)全てが金賞を受賞したこともありました。
現在では、月桂冠の4つの酒造蔵(大手一号蔵、大手二号蔵、内蔵、昭和蔵)から出品を継続しており、平成15酒造年度、平成19酒造年度、平成24酒造年度、平成26酒造年度、今回の平成28酒造年度において、出品した全ての酒蔵で金賞を受賞しています。

※酒造年度とは
7月1日から翌年6月30日までの1年間を酒造年度(BY=Brewery Year)といいます。
清酒、しょうちゅう(単式蒸留焼酎)、みりん、果実酒の業界がこの期間を使用し、各メーカーでは、生産計画や醸造の年度の区切りとしています。


  • 月桂冠内蔵の酒造り


>奈良新聞WEB:TOPページに戻る<

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ