このページでは、Javascriptを使用しています
もくじ
奈良のふるさとのはなし

三つの問題
鹿殺し裁判

のせがわのむかしばなし
蕎麦の軸の赤いわけ
天狗の扇
蟹の報恵
ふくろうの染物屋と烏
 (野迫川村要覧より)

悲運の皇子 自天皇
-その1-
-その2-
 (川上村「後南朝と川上村」より)

十津川妖怪譚
だる/ダル
天狗/テング
ごうら/ゴウラ
山女郎/ヤマジョウロ
山姥/ヤマンバ

一本だたら/イッポンダタラ
山小屋の怪異/ヤマゴヤノカイイ

「神饌」神々との宴
1.往 馬 大 社
2.門 僕 神 社
3.談 山 神 社
4.八 幡 神 社
5.倭 文 神 社
6.高 山 八 幡 宮

その他のおはなし
四社神社秋祭り
安堵町・なもで踊り

日本の造林王
土倉庄三郎

東吉野が育んだ秀句紀行
「原 石鼎」



奈良のおはなし
十津川妖怪譚 その6
山小屋の怪異/ヤマゴヤノカイイ


 上湯川とウチコシ(分水嶺の直ぐ向こう側)の日高郡の小又川奥へヒヨウ(日傭)が多勢仕事に入っていた時、カシキ(炊事係)が飯を小屋の山の神に供える度に、お経を知らぬので「般若心経」とだけ唱えて拝んでいた。

 ある晩ヒヨウ共が寝ようかというとき、小屋の外から「ハンニャシンギョウ出てこい」とオメク(喚く)者がある。皆が怖がってそのカシキを外へ押し出した。

.............................................................................................
1994村勢要覧十津川村より


[ その1その2その3その4その5その6 ]


トップへ戻る   メニューへ戻る


 

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ