このページでは、Javascriptを使用しています


奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
やまと建築詩

柳沢文庫(旧柳沢邸)

郡山藩最後の藩主の迎賓館

 柳沢文庫の建物は、郡山藩最後の藩主・柳沢伯爵家の迎賓館的な場所として建てられたもので、隣にある住宅部分と渡り廊下で結ばれ、東京都港区芝(当時は東京府芝区)の本邸に対して郡山別邸と呼ばれていた。

 この建物は、棟札などが発見されていないため正確な年代は不明だが、明治38年から39年ごろに建てられたのではないかといわれている。それ以前は、旧藩士の別邸を利用したものが大和郡山市植槻町にあったが、後に郡山城内の毘沙門郭内に建てられた。

▲郡山城の森にたたずむ柳沢文庫。正面の大きな車寄せのひさしが特徴

  

 正面から見ると、まず目に付くのは大きな車寄せのある玄関。建物の顔とも言えるこの部分は、芝の本邸が関東大震災の復興工事で、道路が拡張されるため立ち退きとなったため、その一部を移築した。資材は当時の国鉄で鉄道により運ばれたといい、工事は昭和3年に完成している。

 永らく柳沢邸として使われてきた建物も、昭和35年、柳沢保承氏の発意による財団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会の発足で、同家から会に建物を寄贈。その際、本館と隣家をつないだ渡り廊下が取り払われるなどして現在の姿となった。

 玄関から入ると、長い廊下がある。廊下の先は応接間を利用した図書室。西隣には大広間を含めて和室が3部屋あり、現在は展示スペースに充てられている。釘(くぎ)を一切使わず寄せ木細工のように組み合わされた床材、建設当時に外国から直輸入した大広間の照明器具、図書室の応接セットなど、ハイカラだった洋風建築をしのばせる。


▲照明器具は明治に建てられたとき、
ヨーロッパから直輸入したもの

▲玄関から奥に通じる長い廊下。
扉のガラスや床などは建設当時のものとか

▲接見などに利用されたという大広間。
現在は展示スペースに

▲応接室を利用した図書室。
応接セットや床材などに
洋風建築の面影をしのばせる



DATA

● 柳沢文庫(旧柳沢邸) ●

大和郡山市城内町2―18

現在、秋季特別展「柳沢吉保と荻生徂徠」が11月13日まで開催中。

開館時間は午前9時から午後5時。休館日は毎週月曜と祝日。月曜が祝日の場合、翌火曜日も休館。ただし11月3日は臨時開館。

特別展開催中は特別料金で、入館料は一般300円、高校・大学生は200円、小学生以下と70歳以上は無料。20人以上の場合は団体割引あり。

【問い合わせ】
柳沢文庫、電話0743(58)2171

情報が古くなっている場合がございますので、ご利用の際は必ず事前にお問い合わせください。

写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)


会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ