このページでは、Javascriptを使用しています
奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉車窓

笠置-大河原(JR関西本線)

青く流れる「川面の残照」

main photo

 『 泉川 渡瀬(わたりせ)ふかみ 吾背子が 旅ゆき衣 ひづちなむかも 』

 行商に出かける夫婦の歌ともいわれ「渡瀬が深いから、あなたの旅の服がぬれてしまうではないか」との意味を持つ。

 万葉の時代には泉川と呼ばれた木津川。三重県伊賀市(旧青山町)の布引山地(標高756メートル)や御杖村の三峰山(1235メートル)を水源地とし、京都府内で淀川と合流するまで、三重、奈良、京都の三府県にまたがり流れている。

 泉川は当時、橋もない交通の難所。川が暴れると時には大きな災害をもたらしてきた。現在では、川に沿って自然歩道が設けられたり、川ではカヌー教室が開かれたりしている。奈良市に隣接する笠置町には、東海自然歩道として奈良市柳生地区から笠置町の笠置寺へ、笠置大橋から南山城村方面へ木津川沿いのコースなどがある。

 この写真は笠置トンネル東側の川沿いで撮影した。対岸はJR関西線に沿って東海自然歩道「銀の帯コース」がある。シーズンにはハイキング客らでにぎわうのだろうが、師走の午後には人通りがなく、落ち葉を前に赤く染まった山が輪郭だけを残して夕闇に包まれ、川面が残照に照らされた。


写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)


会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ