このページでは、Javascriptを使用しています
奈良新聞WEB トップへ戻る
 
←次へ 前へ→
万葉車窓

奈良―大和西大寺(近鉄奈良線)

高円山に浮かぶ「大文字」

奈良―大和西大寺(近鉄奈良線)

 『梓(あずさ)弓 手に取り持ちて 大夫(ますらを)の 得物矢手挟(さつやたばさ)み 立ち向ふ 高円山に 春野焼く 野火と見るまで 燃ゆる火を いかにと問へば 玉桙(ほこ)の 道来る人の 泣く涙 こさめに降り 白たへの 衣(ころも)ひづちて 立ち留(とま)り われに語らく 何しかも もとなとぶらふ 聞けば 哭(ね)のみし泣かゆ 語れば 心そ痛き 天皇(すめろき)の 神の御子(みこ)の いでましの 手火(たび)の光そ ここだ照りたる』

 高円山(462メートル)ふもとにある白毫寺は、もと志貴皇子の別邸だったといわれている。この歌は霊亀2(716)年に皇子が亡くなり、その葬送の様子を当時の歌人・笠金村が詠んだ。葬送の列がたいまつのもと、暗闇の高円の野を巡り葬地に向かったようだ。

 高円山は今では「大文字送り火」が行われる山として知られている。「宇宙」を意味するといわれる「大」の字の第一画の長さ約109メートルと日本最大級の大文字の送り火。戦没者の慰霊を目的に毎年8月15日に行われている。

 写真は、この大文字送り火の日に撮影した。萩(はぎ)の寺として知られる白毫寺も9月に入り見ごろが近づく。

 『 高円の 野辺(へ)の秋萩 いたづらに 咲きか散るらむ 見る人なしに 』


●参考図書=米田勝著「万葉を行く」(奈良新聞社刊)、和田嘉寿男著「大和の万葉歌」(奈良新聞出版センター刊)


写真・文 本紙・藤井博信 (日本写真家協会会員)


会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ