このページでは、Javascriptを使用しています
イベント情報

「奈良工芸の粋」展―Nara crafts,excellent!

「花文螺鈿供物盤」北村昭斎作 奈良には、奈良漆器や赤膚焼、一刀彫など、寺社を中心とした文化都市特有の工芸が今なお生きています。それぞれの分野で匠(たくみ)たちが活躍し、各界の頂点を極めた方もおられます。奈良を代表する工芸作家の作品を初めて一堂に集め、質の高い奈良文化に触れていただきます。



ご案内

●特別展示
【日時】 4月9日(日)~15日(土) 午前10時~午後4時(ただし月曜休館)
【会場】 名勝旧大乗院庭園(名勝大乗院庭園文化館)、奈良市高畑町1083の1
【ご案内】 奈良を代表する工芸作家の作品を一堂に集めて展示。質の高い奈良文化に触れていただきます。無料。


●特設ギャラリー
【日時】 4月13日(木)~15日(土) 午前10時~午後4時
【会場】 今西家書院(重要文化財)、奈良市福智院町24の3
【ご案内】 「奈良工芸の粋」展特別展示作家作品の販売。酒器、食器、茶道具など暮らしのシーンごとのテーマで展示。特別展示作家以外の作品も取りそろえ、奈良工芸の「今」を感じることのできる空間とします。無料。


●ギャラリートーク
【日時】 4月12日(水)、14日(金)、15日(土)
【会場】 つる由別館「しもみかど水之江」、奈良市下御門町35
【ご案内】 (1)山本哲氏(漆芸作家)、4月12日(水) 午前11時~午後1時30分
(2)川淵直樹氏(陶芸作家)、14日(金) 午前11時~午後1時30分
(3)河内國平氏(刀剣作家)、15日(土) 午前10時~午後0時30分
(4)月山貞利氏(刀剣作家)、15日(土) 午後1時~同3時30分
奈良工芸各分野の第一人者がギャラリートークを実施。奈良を代表する工芸作家のお話を通じて奥深い世界観に触れます。つる由別館しもみかど水之江の特別懐石の食事付き。1人6000円、各回20人限定、事前申し込みが必要。
申し込みは、希望番号、〒住所、名前、電話番号、参加人数を明記して、はがきかファクス、ホームページのいずれかで、
〒630-8686
奈良市法華寺町2の4、奈良新聞社ならリビング「奈良工芸の粋」展ギャラリートーク係、フックス0742(32)2775へ送る。
ホームページhttp://www.naraliving.com
3月18日(土)締め切り。定員を超えた場合は抽選。


●特別茶席
【日時】 4月13日(木) 煎茶美風流
4月14日(金) 表千家
4月15日(土) 武者小路千家
時間は各日とも午前10時、10時45分、11時30分、午後0時15分、1時、1時45分、2時30分
【会場】 今西家書院(重要文化財)茶室、奈良市福智院町24の3
【ご案内】 茶道各流派によるしつらえを鑑賞しながら、重要文化財の茶室で出品作家の道具を使った抹茶、煎茶を楽しめます。料金1000円。
申し込みは、希望日時、〒住所、名前、電話番号、参加人数を明記して、はがきかファクス、Eメールのいずれかで、
〒630-8686
奈良市法華寺町2の4、奈良新聞社企画部「奈良工芸の粋」展特別茶席係
ファクス0742(32)2771、Eメールplanning@nara-np.co.jpへ送る。
3月31日締め切り。


●人気の大酒器展
【日時】 4月13日(木)~15日(土)、午前10時~午後4時
【会場】 今西家書院(重要文化財)、奈良市福智院町24の3
【ご案内】 会場に酒器の部屋を設け、各ジャンルのぐい呑(の)みや徳利(とくり)を展示販売します。無料。またぐい呑みの呑み口を試す試飲サービス(有料)を実施。2回500円。申し込み不要。


■【問い合わせ】

奈良新聞社企画部「奈良工芸の粋」展、TEL:0742(32)2115(月~金曜、午前9時~午後5時30分)

<<イベントTOPに戻る

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ