このページでは、Javascriptを使用しています

出版情報

大和路の芭蕉遺蹟

増田 晴天楼 著

大和路の芭蕉遺蹟

日本図書館協会選定図書

 奈良新聞社は、奈良を訪れた松尾芭蕉の足取りを研究した『大和路の芭蕉遺蹟』を発行、書店で発売しています。

 三百数十年前、芭蕉は五回奈良に来ています。本書では、その足取りを隈なく調査し、先人達が述べている芭蕉の足取りや句の解釈に疑問を投げかけています。東大寺二月堂のお水取りを詠んだ「水取りやこもりの僧の沓の音」の「こもりの僧」は、「氷の僧」だと著者は言います。

 著者は、増田晴天楼氏(1904~1961)で、大和高田市に住み「大和芭蕉遺蹟研究会」を主宰、大和路の芭蕉遺蹟を実地に調査しました。著者の三女、橋本美恵子氏が所蔵していた研究資料を著者と同郷の坂口正一氏が二年がかりで整理、芭蕉研究で知られる広島大学名誉教授の檀上正孝氏とともに編集を担当しました。

 大和路の芭蕉を知る上での貴重な資料、芭蕉遺蹟散策のガイドとして皆様にお勧めしたい一冊です。

 日本経済新聞(2月3日付夕刊)他、多くの地方紙で紹介されました。

・B6判

・380ページ

本体:2000円(税別)

送料:350円

一覧ヘ戻る

購入お申し込みフォーム

※必須項目は必ずご入力をお願い致します

購入希望の書籍 大和路の芭蕉遺蹟
冊数※必須
お名前※必須
住所※必須 郵便番号 - 例)123-4567
電話番号※必須
E-Mail※必須 例)abc@nara-np.co.jp
E-Mail(確認用)※必須 例)abc@nara-np.co.jp
備考

書籍出版物のお問い合わせは奈良新聞社 出版課へ(平日10時~18時)

 〒630-8686 奈良市法華寺町2番地4

 TEL:0742-32-2117 FAX:0742-32-2773

 E-MAIL:publishing@nara-np.co.jp

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ