このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


「古伯耆物」が結ぶ縁 - 日本刀顕彰連合を結成/鳥取県と春日大社

2018年2月15日 奈良新聞

鳥取県産で、日本最古級の日本刀を見入る平井知事(左)と花山院宮司=14日、奈良市春日野町の春日大社

 平安時代末に現在の鳥取県で作られた「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれる最古級の日本刀が春日大社で見つかったのを縁に、同神社と鳥取県は14日、この刀を研究、PRする組織「日本刀顕彰連合」を発足させた。春日大社と鳥取県の歴史的つながりも調査。平成30年度に鳥取県で開かれる「大山開山1300年祭」で春日大社の日本刀を展示することも検討し、日本刀の魅力を国内外に発信する。

 春日大社によると、古伯耆物の日本刀は昭和14年の宝庫解体修理時に天井裏で発見された。昨年、刀身を研磨して調査したところ、反りの形状や刀剣の表面に表れる木目のような肌模様の「地鉄(じがね)」などの特徴から、平安時代後期ごろ伯耆国で作られた刀と推定された…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

候補地変更なら譲歩 - 使用期限で市に提案/奈良市新斎苑[2018.02.24]

堂内に春色の華やぎ - 花ごしらえ/お水取り2018写真付き記事[2018.02.24]

犯罪被害者を早期支援 - 連携協定を締結写真付き記事[2018.02.24]

「下北山」通じ絆を - 東京で講座参加者ら交流写真付き記事[2018.02.24]

武将や志士の名刀ズラリ - 安綱など100点/4月8日まで、薬師寺で「噂の刀展Ⅲ」写真付き記事[2018.02.24]

大仏から大きな感動 夢持って人生変える - 英画家マッケンジー・ソープさん東大寺見学写真付き記事[2018.02.24]

歴史と伝統、五感で - 「日本クラシックホテルの会」発足イベント写真付き記事[2018.02.24]

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ