このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年2月6日 奈良新聞

 「立春」を過ぎても、寒波がことのほか厳しく、冷たい風が身にしみる。インフルエンザも大流行し、外出をためらうことが多くなっている日々だ。

 そんな折、「凍死、熱中症の1・5倍」(2月4日付14面)という見出しには、いささかショックを受けた。平成22年以降、毎年千人以上が犠牲になり、大半が高齢者、しかも屋内という。

 熱中症は、その時期になると注意を呼び掛ける報道も増えるが、凍死については、あまり聞いたことがなかった。雪山など屋外ではなく「屋内において」という点では、身近に高齢者が居る家庭では他人事ではない。

 低体温症は、寒さで体の熱が奪われ、体の深部が35度以下になって全身に障害が起きる症状で、重症化すると凍死する場合があるという。高齢者は電気代・灯油代などが気になり、我慢してしまいがちだ。だからこそ、家族や周囲の見守りが非常に重要になってくる。

 急速に進む高齢化社会の中で、低体温症に陥りやすい高齢者層の増加が要因の一つとみられている。

 火事のことにも十分気をつけながら、早急に対策を講じる必要があろう。(恵)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ