このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


「退職手当」存続へ - 奈良市特別職で報酬等審議会

2018年2月1日 奈良新聞

奈良市の「報酬等審議会」で、冒頭あいさつする仲川元庸市長=31日、奈良市役所

 市長ら特別職の退職手当のあり方を検討する奈良市の特別職報酬等審議会(会長・伊藤忠通県立大学学長)が31日に初会合を開き、これまで仲川元庸市長の選挙公約に基づき「不支給」とされてきた特別職の退職手当に関して、存続すべきとする意見でまとまった。次回は適正水準(金額)について審議するが、市の財政事情や社会情勢も参考に、支払い額に関しては抑制する方向。市は審議会の答申を受け、3月議会での議案提出を目指す。

 市の特別職は市長、副市長(2人)と教育長、常勤監査委員、公営企業管理者の計6人。仲川市長は平成21年の市長選に初出馬した際、「特別職の退職金の廃止」を公約。当選後、議会の議決を受けて1期、2期とも退職手当を受け取っていない…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ