このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


東北産“海の幸”で復興支援 - 西大寺駅南側で「出張カキ小屋」

2018年1月22日 奈良新聞

近鉄大和西大寺駅南にオープンした東北復興支援の出張カキ小屋=奈良市西大寺南町

 東北産のカキを食べてもらうことで、東日本大震災の復興支援にしようと「出張カキ小屋 牡蠣(かき)奉行」が、奈良市西大寺南町の近鉄大和西大寺駅南側空き地に期間限定でオープンした。三陸沖から直送されたカキなどの海産物を炭火焼きのバーベキュー形式で提供する。

 奈良市内でイベント会社を経営する香川雄太さん(33)が、東日本大震災の復興支援としてカキの販売などを全国展開する「かき小屋実行委員会」(岡山市)の岡本航平さん(47)と約2年前に出会い、事業化した。

 同駅前での出張カキ小屋は平成28年の冬にも実施。今回は2年ぶり2回目になる。

 岡本さんは、東日本大震災の支援に取り組む中で、原発事故の風評被害に悩む東北地方のカキ養殖業者の苦境を知った。状況を打破するため「おいしい東北地方のカキを全国の人に味わってもらい支援しよう」と、約2年前にカキ小屋プロジェクトをスタートさせた。滋賀、栃木両県など内陸部を中心に全国各地で事業を展開。奈良県では知人の紹介で香川さんに依頼した。

 「出張カキ小屋」は広さ約120平方メートルで、テーブル25席で約100人収容。店内は祭りの露店を大きくしたような雰囲気で、ほぼ毎日直送される宮城県石巻産などのカキを提供し、炭火で焼いて食べてもらう。約1キロ(6~7個)で1000円。ホタテやサザエなども楽しめる。

 香川さんは「東北の支援とともに、西大寺駅の南側にもにぎわいを創出したかった」と話している。

 開店は2月25日まで。正午から午後9時営業。問い合わせはカキ小屋、電話090(6436)2355。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ