このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2018年1月19日 奈良新聞

 天川村の洞川温泉は標高約820メートルの山里に広がる温泉街だ。春から夏にかけて、霊峰・山上ケ岳を目指す多くの修験者でにぎわう。

 夏は「関西の軽井沢」と呼ばれるほどに過ごしやすいが、冬の寒さは格別で、北国のような雪景色が17日の本紙に彩りを添えた。秋に泊まった時、旅館のちょうず鉢が底まで凍って驚いたことがある。

 洞川温泉の旅館は行者宿と呼ばれ、かつては山頂の大峯山寺が9月に戸閉めを終えると、畳を上げる旅館が多かったという。今は冬の風情も楽しめる温泉街に変化した。

 ゆっくりくつろげる広い縁側など、隔たりを感じさせない開放感が洞川温泉の魅力。夏なら夕涼みを楽しむ縁側から、そぞろ歩きの観光客が目の前だ。

 修験者は「講」と呼ばれる組織で山上ケ岳に登拝し、なじみの旅館も決まっている。最近は講の解散が増えたと聞くが、一方で若者を含めた新たなファンもつかんでいる。

 この冬は住民手作りの氷灯籠がおもてなしに加わった。部屋にはこたつを用意している旅館も多い。山里の風情に魅了される観光客が、今年も大勢いることだろう(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]

委託業者、契約も慎重に - 県産廃排出事業所管理者研修会写真付き記事[2018.02.22]

饗宴施設か、建物跡 - 蝦夷や隼人もてなし?/飛鳥寺西方遺跡写真付き記事[2018.02.22]

県文書の開示答申 - 行政文書に相当/月ケ瀬土砂掘削[2018.02.21]

“自分でやる”楽しさを - 御所「ときの森」がベスト・オブ・デイサービス賞写真付き記事[2018.02.21]

近隣府県との違い顕在化 - 自治体で異なる民泊規制[2018.02.21]

公立高 23校で3374人挑む - 特色選抜が始まる写真付き記事[2018.02.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ