このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


「福」頂いてポッカポカ - 雪の舞う中 十日えびす

2018年1月11日 奈良新聞

鈴を鳴らして福を授ける福娘=10日、奈良市春日野町の佐良気神社

 奈良市春日野町の春日大社境内にある末社、佐良気(さらけ)神社で10日、「十日えびす」が営まれ、商売繁盛や家内安全を願う多くの参拝者でにぎわった。

 同神社は「蛭子神(ひるこのかみ)」が祭神で、商売繁盛の神様「えべっさん」として親しまれる。この日は時折、雪が舞う寒い日となったが、神事が営まれた午前10時ごろには縁起物を求める参拝者の行列ができた。

 金烏帽子(えぼし)と巫女(みこ)装束を身に着けた福娘たちが、ササにタイや千両箱などの飾りを付けて授与。鈴を鳴らして参拝者に福を授けた。

 今年の福娘は、一昨年の「春日若宮おん祭」で大阪ガス(大阪市)の尾崎裕会長が「日使(ひのつかい)」だったことから、慣例で同社の女性社員9人が福娘を務めた。

 生駒市の通訳案内士大岡やよいさん(69)は「昨年初めてお参りしたが、ご利益があった。今年も多くの人との出会いを大切して、健康に過ごせれば」と話していた。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ