このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


教員悲鳴 ブラック部活 - やりがいあるけど体もたぬ

2018年1月9日 奈良新聞

 「部活動がしんどい」―。この声は生徒ではなく、教員側からの訴えだ。休日返上など過度な部活動指導に起因する教員の長時間労働が、ブラック企業ならぬ“ブラック部活”を生み出している。県高校教職員組合が実施したアンケートでも、部活動での指導や引率を負担と考えている教員は2割を超える。県教委も負担軽減のために週1日以上はクラブ活動を必ず休むよう県立学校などに文章で通達した。県は「働き方改革」に取り組んでいるが、これまで黙認されていた教員と部活動のあり方が問われはじめている。

▽教員は休めない

 「1日も休めない月がある。やりがいはあるが、体がついていかない」。県内の公立中学校で陸上部顧問を務める30歳代の男性教諭はこう嘆…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

県の管理負担を解消 - 第二阪奈、ネクスコ西移管へ[2018.01.22]

百人一首かるた 気軽に楽しんで - 春日大社で大会写真付き記事[2018.01.22]

東北産“海の幸”で復興支援 - 西大寺駅南側で「出張カキ小屋」写真付き記事[2018.01.22]

「お座敷文化」継承を - 全国から芸舞妓集結「ならまち花あかり」写真付き記事[2018.01.22]

二の丸御殿の内部 見えた - 柳沢文庫企画展「幕末の郡山城」写真付き記事[2018.01.22]

県チーム力走36位 - 都道府県対抗男子駅伝[2018.01.22]

適性維持へ改修 - 奈良市環境清美工場写真付き記事[2018.01.21]

食への感謝、文字に - 県の食育作文コンテスト12人表彰写真付き記事[2018.01.21]

柔軟な生き方が大事 - 「女性」テーマに講演など写真付き記事[2018.01.21]

学びの成果 多岐に - 佐保短大「地域こども学科発表会」写真付き記事[2018.01.21]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ