このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年12月3日 奈良新聞

 少年のころ、教科書に載っていた明治や大正という文字が一つの時代の区切りとして違和感がなかった。明治や大正生まれが活躍していたころだ。

 天皇陛下の退位が再来年の4月末と決まり、5月1日から新元号となる。まだまだ昨日のような昭和を懐かしんでいたら、慣れてきた平成も終わるという。

 平成生まれの若い世代が社会で活躍を始めたばかりだが、今のネット社会の中心的存在となっている。彼らに「昭和っぽい」と、年寄り扱いされるのも当然か。

 かつて明治や大正世代をどんな目で見てきたか。もっと言えば昭和ヒトケタ世代や戦前・戦中派などの言葉で、戦後生まれは、先輩たちを古臭いと思っていなかったか。

 新元号となれば、昭和時代ははるかなものとなり、「昭和は遠くなりにけり」と歌われよう。平成生まれも、新元号世代から、年寄り扱いされる時がくる。こうして時代は移り行く。

 奈良は皇室発祥の地でもある。ことあるごとに来県された天皇陛下に、またゆっくり来ていただきたいと思う。あと1年5か月が、「平和が達成する」の平成時代でありたい。(治)

 

 

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ