このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月28日 奈良新聞

 話題の「国宝」展を見るべく、京都駅からタクシーで京都国立博物館を目指した。博物館が近付き、同行者と混み具合を話していると、運転手さんが「そこを歩いている人はみんなそうですよ」。

 気が付けば歩道を人が列をなして歩いている。京阪電車の駅から博物館を目指す人らしい。午前9時台だったが、この運転手さんが京都駅で同展の来場者を乗せたのは、朝からすでに3回目という。

 当然ながら、玄関前にはうねうねと入場待ちの列が延びていた。展覧会の列は正倉院展で見慣れているが、最終日の26日はどれほどの混みっぷりだったかと想像する。

 オールスター共演の催しとはいえ、そこに多くの人が集まるのは展示品の一件一件が強い力を秘めているからだろう。

 普段は薄明かりでしか見ることのできない法隆寺金堂の広目天立像や唐招提寺の金亀(きんき)舎利塔、大和文華館所蔵の寝覚物語絵巻など、県内の国宝も多数出展されていた。

 国宝は重要文化財の中でも特に価値を認められた国の宝。当たり前のようにそれらに囲まれた奈良の魅力をあらためて思う。(増)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

立憲民主、県内で集会 - 「旧民進3分裂」論議/来月10日[2018.01.24]

笹娘 笑顔で「どうぞ」 - 大安寺光仁会にぎわう写真付き記事[2018.01.24]

町づくり貢献評価 - 県「あしたのなら」受賞/県立大の「国際地域研究会」写真付き記事[2018.01.24]

ガスや爆発、対応確認 - テロ想定、国民保護図上訓練写真付き記事[2018.01.24]

歴史や人形の仕組み学ぶ - 地域に伝わる「乙田人形浄瑠璃」写真付き記事[2018.01.24]

水面に幻想的な光漂う - 洞川温泉街、龍泉寺で/27日、山上川灯りプロジェクト写真付き記事[2018.01.24]

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ