このページでは、Javascriptを使用しています

考古学


現在位置:トップページ> 考古学> 記事


国内最大の円墳と判明 - 来年度から発掘調査/富雄丸山古墳

2017年11月16日 奈良新聞

国内最大の円墳だったことが分かった富雄丸山古墳の航空写真=奈良市丸山1(奈良市提供)

 奈良市丸山1丁目の大型円墳、富雄丸山古墳(4世紀後半)が、奈良市教育委員会によるレーザーを使った詳細な3次元計測の結果、墳丘の直径が従来の想定よりも約24メートル大きい110メートル前後だったことが15日、分かった。丸墓山古墳(埼玉県行田市)の直径105メートルを上回り、国内最大の円墳となる。同市教委は古墳の保存活用を目指し、来年度から発掘調査を開始する。

 同市教委によると、今年5~8月、約2万平方メートルの範囲に航空機からレーザーを当てて地形を測量。従来考えられていた墳丘(約86メートル)の外側にも広がり、直径110メートル前後、高さ14・3メートルの3段築成の円墳だったことが分かった。

 また墳丘の北東側には、祭祀(さいし)を行った場所とみられる長さ約20メートル、幅約45メートルの「造り出し」があることも確認。造り出しを含めた全長は約120メートルと考えられる。

 富雄丸山古墳は明治時代末出土と伝わる碧玉(へきぎょく)製合子や石製品などが国重要文化財に指定。同古墳から出土したとされる邪馬台国の女王・卑弥呼の鏡説がある三角縁神獣鏡も3枚伝わり、天理大学付属天理参考館が所蔵している。

 昭和47年に付近の住宅地開発に伴い、県立橿原考古学研究所が竪穴式石室を調査した際には直径86メートルと報告。さらに同57年の調査では墳丘が102メートルに前後となる可能性が指摘されていた。古墳は市有地化され、保存されていたが史跡には未指定。古墳を示す案内板もなく一般にはあまり知られていなかった。

 そのため市は市西部の文化遺産として、地域活性化や観光、教育などに生かそうと約45年ぶりの本格的な発掘調査を決定。

 墳丘の埴輪列や葺(ふ)き石の有無、石室とは別の埋葬施設の確認などを行い、古墳の全容解明を目指す。市民や観光客、修学旅行を対象とした発掘体験会なども計画しているとう。

 仲川元庸市長は「古墳は市西部の地域の人や子供たちにとって生きた教材になる。発掘体験会には修学旅行生らに参加してもらい、歴史のロマンを感じてもらえたら」としている。

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

事業者の再募集発表 - 奈良市新斎苑[2018.01.23]

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀写真付き記事[2018.01.23]

お客の声 支えに営業 - 地域活性化へ市が催し/五條「栄湯」写真付き記事[2018.01.23]

「安全・安心話題に」 - 県警が認定証交付/特殊詐欺被害防止アドバイザー写真付き記事[2018.01.23]

寒さに負けないよ - 東大寺学園幼稚園 耐寒マラソン写真付き記事[2018.01.23]

「悠久の美と技」を紹介 - 古今の名作など200点写真付き記事[2018.01.23]

満足度「良い」30.8% - 近隣3府県の居住者対象に県観光意識調査[2018.01.23]

県の管理負担を解消 - 第二阪奈、ネクスコ西移管へ[2018.01.22]

百人一首かるた 気軽に楽しんで - 春日大社で大会写真付き記事[2018.01.22]

東北産“海の幸”で復興支援 - 西大寺駅南側で「出張カキ小屋」写真付き記事[2018.01.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ