このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年11月14日 奈良新聞

 先日、久しぶりに長崎の祖父母らの墓に参ってきた。父方のそれは県中部の入江を見下ろす高台にあった。びっくりしたのは、手入れが行き届いていて、きれいな墓が多かったことだ。

 農家が多いこともあって、会社勤めに比べれば時間がつくりやすいこと、墓地が家から近いという立地もあろうが、祖先を大事にする姿は、昔とあまり変わっていなかった。

 墓を新しく建て替えた家も多く、墓地の一角には故人の没年や年齢を記した「墓碑リスト」もあった。また、親せきの家を訪ねれば、仏間のある部屋の左手の壁には、必ず祖父母ら故人の写真も掲げてあり、懐かしさがこみ上げてきた。

 太平洋戦争で動員され、戦地で若い命を落とした父の2つ上の兄さんが、父が結婚した当初、「うらやましい」と夢枕に立ち、父が連日うなされたという話も聞いた。

 あらためて、今日の日本が、戦争で命を奪われた多くの人々の犠牲の上に存在していることを、忘れてはならないと思いを強くした旅であった。

 お盆などには奈良でも多くの慰霊行事が行われる。帰省はできなくても祈りの思いは届く。(恵)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

一般会計過去最大1310億円 - 奈良市の新年度当初予算案[2018.02.23]

子育て支援の一環に - バンビーホームで夏休みなど昼食提供/奈良市予算案写真付き記事[2018.02.23]

お金や生活の事前計画大切 - 障がいをもつ子と家族のためのセミナー写真付き記事[2018.02.23]

桜 しっかり育って - 吉野小 6年生が植樹写真付き記事[2018.02.23]

女性管理職は18.7% - 県内企業の女性活躍推進調査[2018.02.23]

伽藍整備用の窯か - 北側に「灰原」も確認/唐招提寺瓦窯跡写真付き記事[2018.02.23]

一般会計5067億円 - 荒井県政で最大/県新年度当初予算案[2018.02.22]

県、近く「3者協定」 - 平城宮跡と一体活用/県新年度当初予算案写真付き記事[2018.02.22]

手作り品やパン 大人気 - きょうまで「ならリビングフェスタ」写真付き記事[2018.02.22]

農業への理解深めて - 県内新小学5年生向け教材本贈呈/JAならけん写真付き記事[2018.02.22]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ