このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年10月13日 奈良新聞

 人は叱るより、褒めて育てる方が良く伸びるという。仕事の効率を上げたいときも怒鳴るより、持ち上げて使う方が頑張りを引き出せたりする。

 もちろんケースによって結果は異なるが、選挙の場合はどうだろう。優勢だと言われるよりも劣勢だと厳しい評価を受ける方が陣営が引き締まる。

 ただ有権者が抱く印象は、どちらが良いか微妙な面も。弱い陣営に支援が集まる判官びいき、また逆に勝ち馬に乗る動きなど、優劣に関する情報が正にも負にも作用することがあって難しい。

 実際のところ報道によるアナウンス効果には作為がないし影響力も明確ではない。それでも選挙関係者は日々ニュースの文言に神経をとがらせる。

 ただ政治家が表面的な世論動向に敏感過ぎても良くない。叱られるにせよ褒められるにせよ、常に有権者と正面から向き合う姿勢を保ってさえいれば、選挙の際も支持はブレないに違いない。

 抜き打ち的な衆院解散に続いて野党再編の動きが急展開。直近2度の師走選挙より以上に慌しい感じもするが、有権者は落ち着いて一票を行使、より良い政治を育てたい。(松)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

馬淵「牙城」守れるか - 奪還目指す小林と激戦/17衆院選 終盤の情勢-1区-[2017.10.18]

コスモスお出迎え - 般若寺でピーク写真付き記事[2017.10.18]

自販機でWi-Fi賄う - 売り上げを費用に/王寺町など設置写真付き記事[2017.10.18]

社会保障政策を重視 - アベノミクス厳しい評価/本社世論調査写真付き記事[2017.10.18]

漱石を所蔵資料で紹介 - 天理図書館で開館87周年記念展写真付き記事[2017.10.18]

黒滝白きゅうり 県知事賞に中井さん - 品評会の表彰式写真付き記事[2017.10.18]

希望、自民、激戦の1区 - 2、3区は自民優位か/本社世論調査 衆院選2017[2017.10.17]

考古学で解く太子の世界 - 飛鳥時代の古墳解説/王寺で歴史講座写真付き記事[2017.10.17]

前回選挙比1.6倍 - 期日前投票/衆院選2017[2017.10.17]

読書の合間、ほっと - 移住定住サロンも/広陵町立図書館 カフェオープン写真付き記事[2017.10.17]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ