このページでは、Javascriptを使用しています

総合


現在位置:トップページ> 総合> 記事


民間活用「精査を」 - 奈良市新斎苑

2017年9月14日 奈良新聞

 奈良市が計画する新斎苑(火葬場)の運営方式をめぐり、9月定例市議会の論戦が熱を帯びている。13日の本会議では、市が現在の「直営」方式について総括しないまま「民間活用」導入を急ぐことに、鍵田美智子氏(市民の声)が疑問を示し批判。一方、大西淳文氏(日本維新の会)はPFI方式の利点を挙げて、合併特例債と併用できないか、市に検討を促した。仲川元庸市長は「DBO以外、平成32年度末の施設完成はスケジュール的に不可能」との姿勢を崩しておらず、「葬送のあり方」をめぐり意見の応酬が続いている。

 一般質問で大西氏は民間活用を図るPFIの主要手法の一つとしてBTOを挙げ、「他都市の導入事例も進んでいる」と評価。その上で、PFIで事業実施する場合、地方財政措置として一定の範囲で地方交付税措置が受けられることから、事業に利用できないか質問した…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

新駅改札を地下に - 近鉄郡山駅移転[2017.09.20]

法人税も寄付金も減 - 天理市の課題(中)写真付き記事[2017.09.20]

炎上の車、40メートル自走 - 積荷の酸素ボンベ爆発/生駒写真付き記事[2017.09.20]

県内地価、10年連続下落 - 下落幅、昨年より拡大写真付き記事[2017.09.20]

河瀬監督の新作「Vision」 - 吉野で撮影開始写真付き記事[2017.09.20]

異文化でおもてなし - 法隆寺国際高が留学生21人受け入れ写真付き記事[2017.09.20]

最優秀賞に梅津さん - 広陵「靴下デザインコンテスト」写真付き記事[2017.09.20]

法隆寺国際、18安打快勝 - 秋季近畿地区高校野球県予選写真付き記事[2017.09.20]

建設費高騰に懸念も - ごみ処理の広域化/天理市の課題(上)写真付き記事[2017.09.19]

目に鮮やか十二単 - きものの祭典/国文祭・障文祭なら2017写真付き記事[2017.09.19]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ