このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月8日 奈良新聞

 7日の本紙「こまどり」欄に、桜井市で開かれた親子防災教室の記事があった。母親が覆いかぶさるようにして赤ちゃんを抱きしめている。

 「ダンゴムシのポーズ」というそうだが、戸惑うような赤ちゃんの写真がほほ笑ましかった。大地震が起きた時、親がわが子を守る本能の姿だろう。

 ただ、写真を見ながら思い浮かべたのは、地震よりも北朝鮮が繰り返すミサイル発射と核実験だった。窓から離れる、頑丈な建物に避難する、政府広報も強調する対応が、一体どれほどの意味を持つのか、現実として想像できない。

 そんな中でもはっきりしていることがある。たとえミサイルに核弾頭が積まれていても、母親は「ダンゴムシのポーズ」で赤ちゃんを守るだろう。

 生まれて間もない小さな命、青年の命、老境の命。戦争がどれほど多くの命を欲するか、人類はこれまでの大戦で学んだはずだ。

 天災は予知さえ難しいが、人災はなくすことができる。「安らかに眠って下さい。過ちは繰返しませぬから」。広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれた言葉が、人類にとっての羅針盤である。(増)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ