このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月6日 奈良新聞

 中学の同窓生で年に2回ゴルフコンペを開いて10年ほどになった。県内に住んでいる人はもちろん、県外在住者も駆けつけてくれる。

 ゴルフをしない人も夜の懇親会には参加。旧交を温め合い、ミニ同窓会のような集いになっている。恩師の一人も毎回参加して、「まだまだ君たちには負けない」と元気なのもうれしい。

 定年を数年後に控えた年齢層。ある会社の要職にある同級生は、「会社は退職すればそれまで。高齢になって頼りになるのは地元の友人」と地元愛を語る。

 東京、大阪など大都市に暮らす生活は便利で刺激的だ。ただ人間関係が希薄で、隣人が何者か知らなかったり、高齢者の孤独死も多いのではないか。

 県が実施した平成29年度県民アンケートによると、「県内で住みたい」という回答が7割近くに達している。自然、周辺環境の評価が高いという。

 奈良県民は郷土愛が低いとされ、理由として県外就業率の高さが指摘されるのには筆者は疑問だ。県外就業率が高いのは、県内に働く場が限られているからではないだろうか。雇用対策は県の最重要課題の一つだろう。(栄)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ