このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月4日 奈良新聞

 平成23年9月の台風による紀伊半島大水害から6年になる。県内被災地では一定の復興は果たしたが、いまだに行方不明者が存在するなど災害はまだ終わっていない。

 7年の阪神・淡路大震災以降を振り返るだけでも、国内では地震、水害での大災害が数多く発生した。そのつど私たちは学び、対策を講じた。

 地震では南海トラフ地震の発生も見据え、対策計画見直しや各種訓練、自主防災組織の構築、家庭での減災と備えなどが実践されてきた。一方で豪雨に伴う災害に対してはどうか。

 今年は50年に一度の大雨が降り、土砂災害警戒情報の発表、避難指示や勧告が発令されることが多発した。豪雨関連災害の方がより身近になってきた感がある。

 地震と豪雨では避難方法やタイミング、備えるべき物品も異なる。地震と比べてある程度の予測が可能という点では、先手の対応が行政、個人双方に求められることにもなろう。

 地震での津波被害がない「海なし県」の住民としては、その分の意識を豪雨に向け、対策を考えておきたい。それが災害犠牲者への慰霊にもつながるはずだから。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

変わる古都の西玄関 - 南北自由通路 北側広場改修/近鉄大和西大寺駅写真付き記事[2017.11.21]

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所[2017.11.21]

畝傍高音楽部を認証 - 「Sクラブ」として支援写真付き記事[2017.11.21]

楽しみながら健康に - 王寺で「ならコープ健康大学」写真付き記事[2017.11.21]

トップが意識改革を - 奈良で人材確保セミナー写真付き記事[2017.11.21]

墓域の南北規模60メートル - 外濠の北辺見つかる/橿原・四条1号墳写真付き記事[2017.11.21]

質疑 扱い巡り論議 - 来月実施は難航か/少数党派配慮の県会[2017.11.20]

「南国」薫る魅惑の歌声 - 万葉浪漫フェスin藤原宮跡写真付き記事[2017.11.20]

「がん検診」受けて - 県と協働でキャンペーン写真付き記事[2017.11.20]

叔父への思い 世界へ - 米田さんに感謝状/視覚障害者専用の囲碁盤を考案写真付き記事[2017.11.20]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ