このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月4日 奈良新聞

 平成23年9月の台風による紀伊半島大水害から6年になる。県内被災地では一定の復興は果たしたが、いまだに行方不明者が存在するなど災害はまだ終わっていない。

 7年の阪神・淡路大震災以降を振り返るだけでも、国内では地震、水害での大災害が数多く発生した。そのつど私たちは学び、対策を講じた。

 地震では南海トラフ地震の発生も見据え、対策計画見直しや各種訓練、自主防災組織の構築、家庭での減災と備えなどが実践されてきた。一方で豪雨に伴う災害に対してはどうか。

 今年は50年に一度の大雨が降り、土砂災害警戒情報の発表、避難指示や勧告が発令されることが多発した。豪雨関連災害の方がより身近になってきた感がある。

 地震と豪雨では避難方法やタイミング、備えるべき物品も異なる。地震と比べてある程度の予測が可能という点では、先手の対応が行政、個人双方に求められることにもなろう。

 地震での津波被害がない「海なし県」の住民としては、その分の意識を豪雨に向け、対策を考えておきたい。それが災害犠牲者への慰霊にもつながるはずだから。(智)

 

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ