このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年9月2日 奈良新聞

 まだ当分は暑い日が続くとはいえ、9月となればやはり自然と「秋」を感じる。節目の「夏の総決算」はと思案したが、あまり浮かばない。

 うれしかったのは、夏の甲子園で天理高チームが全国4強まで勝ち上がったこと。県内の野球関係者全ての喜びだろうし、次は優勝を目指して練習に励んでほしい。

 もっぱらテレビ観戦で楽しんでいたが、よく話題になったのが本塁打の量産。ある解説者は下位打者でも外野席へかっ飛ばしていたことに触れ、「高校野球のスタイルが変わった」。

 打撃の主眼が白球を遠くへ飛ばすことへと移り、打線を上位、下位と分けても意味がなくなったというのだ。従来の高校野球の“定型”では収まらなくなったというのだ。

 どんな分野でも定型はある。定型の強みというものもある。だが、段階が上がる状態になったとき、定型の枠を超えた力が働いて新しい次元へと一歩を踏み出す。

 高校野球が新時代へ飛躍するのかどうかは不明。だが各分野で、定型が行き詰まり殻を破ろうと試みている感じもする。球児の熱戦は、それを象徴しているのかもしれない。(北)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ