このページでは、Javascriptを使用しています

国原譜


現在位置:トップページ> 国原譜> 記事


2017年8月31日 奈良新聞

 夜中であろうと空襲警報が鳴れば、家族そろって防空壕(ごう)に避難した。日常的な無差別な空爆で、軍事施設でもない町が焼かれ無名の市民が死んだ。

 そんな戦争体験がない今の人々に、そんな恐怖を与えるものだった。一報を受けたからといって、逃げようもない。誰もがそんな不安を抱いたのではないか。

 北朝鮮が発射したミサイルが、日本上空を通過して太平洋に落ちた。その威力は7年前の比ではないことを誰もが知っている。戦時中でもない普通の暮らしの中での出来事だ。

 逃げようがないということは、日本のどこに住んでいても安全な場所がないということだ。今度の北朝鮮のミサイル発射の意味するところの大きさを思う。

 もし力と力がぶつかり合うことになれば、悲惨な犠牲、取り返しのつかない事態になることは想像がつく。それだけに話し合いの糸口がないことにイライラも募る。

 毎年、終戦記念日に、二度と戦争を繰り返すまいと誓ってきた。その戦争体験者も少数となった。こんな不安な気持ちで日々の暮らしは続けられない。世界の英知を信じたい。(治)

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

高齢化対応など柱 - 県国土利用計画[2018.02.20]

春色ちらほら - 大和郡山のツバキ園写真付き記事[2018.02.20]

再公募、提案書1件 - 奈良市新斎苑[2018.02.20]

中央アジアで製作か - 中国・遼王妃墓のガラス器/25日、橿考研で成果報告写真付き記事[2018.02.20]

多様な文化知って - ウガンダでの活動語る/生駒市立緑ケ丘中で鰐淵さん講演写真付き記事[2018.02.20]

多彩なタンゴ演奏 - 歌や詩の朗読の演出も写真付き記事[2018.02.20]

各企業が特長アピール - NARAジョブフェアに学生ら350人写真付き記事[2018.02.20]

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ